ムスイ鍋、文化鍋

流行りのモノももちろん追っていきますが、今回は長く売れ続けているもの

を紹介したいと思います。長く売れ続けるモノはやはり理由があるのです。

まずは、ムスイ(ムスイ)鍋です。

DSC_1994

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、この何の装飾もなく無駄なものが一切ないデザイン。これがあれば煮るのはもちろん

焼、蒸し、揚げなんとオーブンまで行けます。

1953年日本で最初のアルミ合金鋳物鍋として誕生しました。鋳物(イモノ)とはたとえば

南部鉄器や去年流行ったスキレットのように金属を型に流し込んで作る工法のモノです。

(ルクルーゼやストーブは鋳物の周りに琺瑯加工しているものです。)

そしてムスイ鍋とは、無水調理できるものをいいます。蓋と本隊のすきまが少なく、蓋が重いため

蒸気も出さず、食材の持つ水分だけで調理できます。もちろん中火か弱火でコトコト煮る感じです。

DSC_1995

 

 

 

 

 

 

 

 

この蓋ももちろんアルミ合金なのでフライパンとして活躍します。

良くイタリアンのシェフが厨房でパスタ作ってるとき銀色のフライパン使ってますよね!

DSC_1996

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう こんなやつです。これもアルミの鋳物なんです。ということはムスイ鍋のフタで

プロの味が出せるはずです!!!因みにこのフライパンも取り扱っております。

 

 

えーとつぎにここ最近注目されているのが文化鍋

DSC_1991

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この文化鍋、ご飯を炊くのにとても適しています。蓋がそこそこ重く吹き零れ防止に

縁が高くなっているのです。正直電気釜でしか炊いたことがないのですが、ガスで炊くと

高火力で早く炊き上がりふっくら仕上がるようです。たぶんですが、ガスが一般家庭に

普及した後、電気釜ができるまでこの鍋が活躍していたんでしょう。最近電気釜も、

土鍋釜や南部鉄器を使った商品が出てきましたが時代にさかのぼっているようで

やはりいいものは時代を超えて活躍するのかもしれません。

もちろん普通のお鍋としても使えますしおすすめは

DSC_1999

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲茶セイロとの組み合わせです。ちょうど縁の部分で安定するしお湯もたっぷり入れられます。

日本の生活で長く使われているモノはよく考えられているモノばかりです。

 

中野の桜も満開、週末は桜祭りです。SHINOTOMEも見頃ですよ!

DSC_1987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長ーい冬も終わってやっと桜が開花してくれました。

中野もここ一週間ぐらいが最高の季節です。中野通りは早稲田通りから哲学堂に

向かって桜のトンネルができています。お車でお急ぎの方はこの時期の中野通りは

避けたほうがいいですね。駅から早稲田通りまでの桜は後から植えられたものなので

少し小ぶりですが奥に進むにつれて立派になってきます。おすすめポイントは

西武線の踏切あたりです。アップダウンが丁度良くて写真映えしますよ。

そんなときのお供によさそうなモノご紹介します。

DSC_1982

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはハイドロフラスコ!アメリカからやってきた全米ナンバーワン魔法瓶!

ロゴも可愛く人気がありすぎて去年までは個人輸入業者がいたほどの水筒です。

もちろん常温にはナルゲンボトルおすすめですが、魔法瓶なら今年からこれが一番です。

DSC_1984

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーとまた水筒ですが・・・おなじみスタンレーです。こちらはデザインだけでなく

頑丈さがウリです。USアーミーで長年採用されているのでちょっと重いけど

一生使える水筒です。

DSC_1985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは シーガルランチボックス(左)と工房アイザワのランチボックス(右)です。

この2つのステンレスランチボックスも一生ものです。まー壊れない。シーガルなんて

蓋を取れば直火にも行けます。変わって工房アイザワの商品はとてもしっかり作られていて

長持ちしますので、あまりに壊れないものだから1人に付き1個しか売れないと社長さんが

嘆いているほどです。

他にも新商品入荷中、お花見のついでにSHINOTOMEも見頃、寄り頃です。

ご来店お待ちしております。